ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

NEWS

PROJECT商店街:名島商工連合会の紹介

2015.11.09

PROJECT商店街の詳細や参加エントリーはこちら

■イベント参加者への呼びかけ

先ずは何かと高齢化対策が挙げられる風潮がありますが、当会では20年後30年後の商店街の未来図を描きたいと考えています。商店街の概念に囚われず企業創業を目指す若者やセカンドライフを模索するシニア層、家庭も趣味も仕事もこなしたい女性など、様々な世代の個性的なお店の立上げを商店街が一緒になってサポートします。「こんな街に住みたいな」と思える街づくりを商店街から発信していきたい。

■商店街の紹介
当会の所在する名島校区は、他地域同様高齢化が進行している一方、近隣地区の再開発や好環境を背景にマンション建設が進み30~40歳代の世帯が急増。名島小学校は市内でも屈指のマンモス校となっている。現状の商店街では日々の買い物を満たす事は難しいが、生鮮や食品に拘らない魅力あるお店の誘致や立上げにより、若い世代やアクティブシニアの層にも足を運んでもらいたい。 

■商店街の概要
①設立年:昭和27年
②現在の店舗数:49店舗  ここ4~5年会員数に大きな変動はないものの、新規入会もあるが、すぐに退会されたり、閉店で減少したりと出入りが多い。
③来街者の客層:ヘビーユーザーは50歳代以上。10~30歳代の買い物客はほぼ見かけません。
④店舗(業種)構成:鮮魚店1軒、精肉店1軒、青果店2軒と生鮮3品は辛うじて揃う。商店街にスーパーや食料品店がないので豆腐や牛乳などの日配品や醤油・味噌・砂糖・塩といった必需品の食料品・調味料などが揃わない。非会員店を含めると理髪店・美容院や内科・歯科医院は多い。


PROJECT商店街の詳細や参加エントリーはこちら

本文の終わりです